二人目の安産を本当に願って祈願にいく

私は二人の子供を持っています。二人目の子供の安産祈願を福島県の稲荷神社で行いました。私の場合、一人目は破水はしたものの時陣痛が来なくて、出産まで何日か入院をしましたし、その挙句に緊急の帝王切開をしたのです。そのために二人目の安産を本当に祈願していました。

二人目も帝王切開と決まっていましたが、一人目の帝王切開の時は痛みのために動けず、二日間寝ていました。

そのような過去があるので、二人目はどうなるのかなとちょっと恐怖心もありました。そんな気持ちで安産祈願に行きましたが、神社とかにきて祈祷してもらうと、自然と不安だった心が少し穏やかになるものですね。本当に不思議です。

二人目は欲しいけど出産は嫌だな嫌だなと思っていましたが、祈祷の声を、聴いていると次第に心が落ち着いて、なるようにしかならないし、やるしかないという気持ちになりました。本当に励まされた気分です。

安産祈願の時に腹帯とお守りをいただきましたが、この腹帯を巻くと気持ちが穏やかになるような気がしました。

お守りも常に持ち歩いていました。その結果、一人目の出産後の痛みが強烈だったせいか、二人目は以外にも楽に過ごすことができたのです。本当に安産祈願に行って良かったと思った瞬間でした。