月別アーカイブ: 2015年6月

子安神社に主人の母と安産祈願に行ってきた。

子安神社は家から近くて、安産祈願で有名なので主人の母に言われ一緒に祈願しに行きました。

戌の日になると都内から大勢の人たちが、安産祈願のお参りと腹帯を求めて来ていました。

私が行ったその日は、沢山の妊婦さんでいっぱいでした。

参拝するために、行列ができていました。主人の母に混むとは聞いていましたが、ここまで人がいるとは思っていませんでした。

主人の母が体調管理気を付けておいてねと行ったこ言葉も理解できました。

前持って色々聞いていましたので助かりました。

まず、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日がいよいと言ってくれてましたので、体調準備するために、カレンダーに書いてしていました。

安産祈願の初穂料も10000円でいいと聞いていましたので、用意することもできました。

何もわからないので、主人の母には感謝しています。安心して一緒に付いて行ってもらえました。

祈祷自体は15分程度で済みましたが、母が言っていたように午前中に行ってよかったです。

安産のお守りも買って帰りました。

産後は神社に持って行けばいいと教えてくれました。

私たちは早めに行きましたので、駐車場は無料で置けましたが、ほとんどの人は有料駐車場に停めていると話していました。

早く出かけた方がいいと言った母に感謝です。

お腹の赤ちゃんのためにも余裕をもって出かけるのがいいと思いました。

初めての経験で、すごく勉強にもなりました。

お腹も、大きいので人ごみの中に行くのを主人の母は、心配してくれていました。

これもまた、楽しい思い出になりました。

安産祈願のために産泰神社に行ってきました

1年ほど前のことですが、群馬県にある産泰神社というところに安産祈願に行きました。

私、主人、主人の両親、娘の5人で行ったのですが、本当に自然のきれいな落ち着いたところで、安産祈願も慣れている神主さん&巫女さんがやってくれたのでホッとしました。

ちなみに、安産祈願の際は掛け物を使うのですが、レンタルの掛け物がとにかくキレイで、清潔なものを使わせてくれたのでとても印象がよかったです。

うちはそこまで裕福ではないので初穂料は3000円(一番小さい値段のもの)だけ納めましたが、安いからダメといったことは全くなく、しっかりとした安産祈願ができたのでよかったと思います。

ちなみに、祈願の最中は夫と私の名前などを呼ばれて、祈願の祝詞を聞いたりして過ごすのですが、正直わたしは神道に詳しくないのでおっしゃってることの意味はさほど理解できませんでした。

それでも、最後は安産のお守りなどをもらって帰ることができましたし、やりたいことはできたので満足しました。

ちなみに、掛け物をかける際、わたしはかなり戸惑っていたのですが、その際に産泰神社の巫女さんが慌てて近寄ってきて助けてくれたのでとても有り難かったです。

アルバイトの子だと思うのですが、ああいった気遣いができる子が受け付けにいると助かりますね。